Header image  
豊橋技術科学大学 情報知能工学系  
line decor
  
line decor
 
 
 
 


 
 

身体から心を科学する

 本研究室では,私たちがこの世界をどのように知覚し行動しているのか,そしてどのように他者との社会的相互作用(コミュニケーション)を行っているのかを科学的手法を用いて解明することをめざしています。
 特に,人の知覚を,自己と環境との相互作用と捉え,その関係性を解明するために,オプティックフローからの自己運動情報の抽出に関する心理実験を行っています。具体的には,自己運動知覚,進行方向知覚,視覚性姿勢制御,自動車の運転,歩行など自己運動情報の知覚と利用・行動に関するさまざまな機能の相互作用や,機構の推定を行っています。これを 「見えない身体の認知科学」 と呼んでいます。また,他者の身体や顔がどのように知覚され,私たちの行動や情動がどのように変化するかについての研究 「見える身体の認知科学」 も行っています。私たちは自分の身体と他者の身体を関係性のもとに相互的に知覚・認知していることが分かってきました。
 そして,私たちの知覚の根底にあるリアリティについても研究を進めています。視覚情報はまず網膜像として私たちに与えられますが,世界は自分の身体の外にあるように知覚されます。これは不思議なことです。さまざまなスケールのバーチャルリアリティ装置を用いて,リアリティとは何か,リアリティを操作し提示する方法の解明を目指しています。
 人は他者とのコミュニケーションを実はかなり低次の認知処理として行っています。そうした潜在的社会性の認知機構と神経機構の解明を,身体認知,共感,公平性などの観点から行っています。
 これらの研究テーマについて,心理物理学的手法を中心として,認知神経科学,発達心理学,バーチャルリアリティなどの手法と組み合わせることで科学的に理解することを目指しています。


-> English

-> 研究室の日常//Facebook page

-> 豊橋技術科学大学のFacebook page

-> 日本バーチャルリアリティ学会VR心理学研究委員会

Provided by // Michiteru Kitazaki, Ph.D.
Department of Computer Science and Engineering, Toyohashi University of Technology
Tempaku-cho, Toyohashi 441-8580, Japan.


 

ニュース

藤澤さん達のデモがIVRCに続いて,Augmented Human 2017でも賞を受けました。

研究室配属のための紹介は【こちら】。さらに詳細な情報は【学内限定ページ】


 

関連書籍

「ロボットを通して探る子どもの心:ディベロップメンタル・サイバネティクスの挑戦」,ミネルヴァ書房,板倉昭二・北崎充晃 編著

「新版 認知心理学 知のアーキテクチャを探る」,有斐閣アルマ,道又他著

「だまされる脳 バーチャルリアリティと知覚心理学入門」,講談社ブルーバックス,日本VR学会VR心理学研究委員会編著

「イラストレクチャー認知神経科学 」,オーム社,村上郁也著

「知覚心理学」,ミネルヴァ書房,北岡明佳 編著

「認知心理学演習 日常生活と認知行動」,オーム社,池田まさみ編著